TOP » 企業情報 »採用情報

採用情報

アーネスト英語学院では共に働く仲間を求めています!

【日本人スタッフ採用】

職種 A英語講師:幼児から高校生までを対象とする英会話・英文法のレッスンの実施及びその付帯業務
B数学講師:小学生から高校生までを対象とする算数・数学レッスンの実施及びその付帯業務
Cフロントスタッフ:生徒の迎え入れから送り出しまでのフォロー、スケジュール管理、カウンセラーとしての生徒ケア、保護者ケアの実施等
雇用形態 正社員
勤務時間 11:00~20:00(休憩1時間)
13:00~22:00(休憩1時間)
給与基本給 180,000円~350,000円(職種別査定による)
手当/通勤手当、住宅手当等
賞与/年3回夏季賞与、冬期賞与、決算賞与
昇給/年1回4月
福利厚生 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、退職金共済加入
社員旅行、サークル活動、忘年会、歓送迎会、夏期セミナー慰労会
スポーツクラブ補助(健康促進プログラム)、定期健康診断
応募資格 子どもが好きで、教えることに情熱を持っている方
職種A:英検準1級以上か同等の英語力、大卒以上、学部学科不問
職種B:小学算数から高校数学までの指導ができる、大卒以上、学部学科不問
職種C:簡単な日常英会話力、PCスキル、短大卒以上、学部学科不問
休日 年間休日:111日、 日曜日、月曜日、
休暇:有給休暇、特別休暇(慶弔)GW休暇、夏季休暇、年末年始休暇
通勤手当 実費支給、上限あり 20,000円
育児休暇 取得実績あり
応募方法 随時受け付けております。(事前にお電話でお問い合わせください。)
履歴書(写真貼付)、職務経歴書、資格証明書のコピーをお送り下さい。
書類審査の上、採用試験のご案内をいたします。
採用試験 全職種共通:一般教養試験、適性テスト、作文、面接
職種A:筆記試験(英語)、模擬授業
職種B:筆記試験(数学)、模擬授業
職種C:PC技能テスト、模擬トーク
大阪から「アーネスト英語学院」へ転職 北本優子先生
あなたが転職を考えるとき、思い浮かべる理由はなんですか。会社への不満? キャリアアップ?
会社を選ぶ判断基準はそれぞれ違うでしょうが、もしあなたが生きている充足感ややりがいを求めているのなら、ぜひともアーネスト英語学院スタッフの転職ストーリーを読んでみて下さい。
 
大阪から「アーネスト英語学院」へ転職した 北本 優子さんの場合
 
 

アーネスト英語学院に入社して6年目の北本優子先生。大学卒業後、大阪で大手英会話スクールの講師をしていました。給料も良く、1日3~4レッスンを終わらせればすぐに帰れる、はたから見れば羨ましい仕事なのでしょうが、北本先生は物足りなさを感じていました。「レッスン以外に生徒さんと会話することもなく、他の先生との関わりもなく、淡々とした毎日でした。達成感も感じられず1年で辞めてしまいました」。その後、海外留学をしたり、日本各地のスキー場へスノーボードを教えに行ったりして、自分の生き方を探していたと言います。
26歳になった頃、「もう一度好きな英語を教える仕事をしたい、自然豊かな長野で暮らしたい」という思いが強くなり、長野での仕事探しをスタート。職安でアーネストを知りすぐに採用試験を希望しました。「求人票を見た時、不思議なのですが『自分が働くべきところはここだ!』と感じました。そして、面接時に、『当社は人間力を鍛える場である。人間力とは、自分に自信を持って、自分らしく生きる力のことである』で始まるアーネストの教育理念を聞いて、それが確信に。まさに、自分が求めていた生き方がここでならできる、この会社で働きたい!と強く感じました」。
入社してからの2年間は、無我夢中。レッスン以外にも生徒と面談をしたり、勉強のフォローをしたりと、やりたいことが多く、驚いたと言います。「かつての職場との大きな違いは、先生全員が熱い!真剣!ということ。『どの子にも力を付けさせてあげたい』という思いが強く、損得考えずに空いた時間があれば、勉強をみてあげているんです。なかなか結果が出ない子には、より一層時間をかけて必死に教える。他の先生も社長もみんなのチームワークで、その子の可能性を引き出してあげる。そして、自信をつけさせ、人をも変えてしまう。まさしくアーネストの教育理念を、先生方もフロントスタッフも、会社全体で実践しているんです!!本当の教育とはこういうことなのだと身を持って学びました。実際、自分が担当していた子が英検に受かり心から喜んでいる姿を見ると嬉しくて、それが達成感に繋がり、仕事は楽しいものだとも実感しました」。
4年目には、教師チームのリーダーに。チーム編成された班員の問題を一緒に解決したり悩みを聞いたり、チーム研修・新人研修をするなどアーネストの理念を伝える立場になりました。「私は率先して人の前に出るタイプではなかったので、今までに経験したことがない新しい世界が広がりました。チーム全体、会社全体のことも考えるようになり視野が広がり、他の先生に指導するということから学ぶことも多く、すごくいい成長をさせていただいています」と、眩いほどの笑顔で語る北本先生。2年前、アーネストを巣立って行った高3生の女の子からもらった手紙を今でも大事にしていると言います。『私は素直じゃないから、先生にたくさん迷惑をかけたと思うけど、ここまで通えたのも先生に習っていたからだと思います。先生に教えてもらって良かったです』と書かれた文面を見たときは、涙が止まらなかったそうです。「やっていて良かったと思える瞬間でした。やりがいという平らな言葉で表せない充足感があります。できれば一生続けたいと思っています」と北本先生。自分らしく生きたいと望んで出会ったアーネスト英語学院で、日々、生徒たちから感動をもらいながら充実した毎日を送っています。